まるでパズルだな!SNSに散らばった個人情報!

SNSに何気なく投稿するだけで、ある程度の個人情報が特定されるということも十分にありえます。個人情報というと、氏名や住所、学校名、職業、電話番号、メールアドレスなどがありますが、こういう情報を思わず投稿してしまうと、全世界中に知れ渡ることになりますので注意をする必要があります。

個人情報を明記しないということをきちんと守っている人が多いですが、写真の投稿などまで気を遣っている人は少ないです。写真からどこに住んでいるのかということが、ある程度特定出来たりしますので、写真をSNSに送る時には十分に気を付けてください。基本的な情報と投稿されている写真によって、最寄りの駅名周辺ぐらいまでは突き止めることが可能です。その他にも、撮影されている写真を組み合わせていくことによって自宅がばれるということにもなりかねません。

個人情報が突き止められているのであれば、SNSの投稿により、学校名やバイト先、あだ名というものまでバレる可能性が高くなります。注意深く投稿内容までチェックしていくと意外と個人情報をバラしているんだなということが分かります。1つの投稿だけでは分からないことが、ジグソーパズルのようにSNSの内容を組み合わせていくだけで、一人の人物像を浮かび上がらせることができるのが怖いことです。いろいろな投稿の組み合わせによって、個人情報がばれるだけでなく、バイト先やあだ名、学校名、最寄りの駅名といったものまでバレるので、注意をしないといけないということです。

SNSにアップする際には、友達にも十分に気を付ける必要があります。自分だけでなく友達と写っているものについては、友達の掲載許可を得ているのかどうかを確認する必要があります。掲載許可を取っていない写真などについては絶対に掲載しないでください。掲載することによって思わぬトラブルに遭うこともありますので、写真や動画を掲載する際には十分に気を付けることです。

動画や写真を掲載することによって、さらにコミュニケーションを活発にすることができます。こういうものを投稿するのは良いですが、動画や写真に写っているものから、個人が特定されることも十分にあるので、事前にチェックをしてからアップするようにしてください。アップした後では取り返しがつかないことにもなりかねませんので注意を怠らないようにすることです。GPS機能により位置情報が記録されるカメラもあるので、その情報は絶対に削除した上でアップします。