もしSNSで炎上してしまった時の正しい対処方法

SNSをやっていて炎上してしまうということも十分にありえます。SNSの不適切な投稿によって炎上することになると、イメージダウンにつながってきます。

仮に炎上が起こってしまったのであれば、混乱を落ち着かせることです。取り乱した結果、その場しのぎの対策を行ったとしても、余計に混乱して事態の収拾がつかなくなりますので、何よりも落ち着くということです。その時に余計な情報を一切流さないということも忘れないようにしてください。

炎上が起きた時にすぐに削除しないといけないと思うかもしれませんが、何も謝罪をしない状態で削除したとしても、隠ぺい工作だと思われて、余計に混乱を招きます。早めに対策したいというのはわかりますが、投稿を削除することだけ行うのは、あまりよいことではありません。投稿を消すのは他の対処方法を行った後に考えればよいことです。

炎上している時というのはSNSを停止するということも同時に行ってください。反省しないといけない時にSNSで活動をしているというのは、本当に反省しているのかと疑われても仕方がありません。一旦SNSでの積極的な活動を停止して、事態の収拾を待つということになります。アカウントまでは削除する必要はありませんので、一切の活動を停止するということです。

謝罪することによって反省の意を伝えることにつながりますので、それによって一旦事態を落ち着かせることが肝心になります。全ての対応においては一貫性を持たせなければいけなくて、今後の方針についてもその延長線上で行わなければいけません。全体で対策をやっていくということが必要になります。その場限りの対応をしてしまうと、炎上が止まらないことになるので、一旦は落ち着くことを心掛けてください。

反省する時に余計な情報を与えないということも重要で、何よりも反省の気持ちを伝えてください。対応が二転三転するということになると、本当に謝罪しているのか疑わしいと思われますので、全社的に今後の方針を周知させることによって、対応を一本化するべきです。反省の意を示してから、当該の投稿を削除するという対処方法を実行することになります。

今後SNSなどでの炎上が起こらない様にするためにどういう行動を取ればいいのかということと共に、もし炎上が起こったのであれば、会社全体でどのように対応していけばよいのかというソーシャルメディアガイドラインを作成することをおすすめします。