ネットリテラシー能力の低い人間の特徴を紹介!

ネットリテラシーが低いままこれからのインターネット社会を生きていくのはとても危険ですので、インターネットを使いこなすためにも、ぜひともネットリテラシーが向上するように心掛けてください。技術面だけでなく、コミュニケーションをとる時にも十分に配慮することが求められます。

インターネットは何よりもいろいろなところとつながることが出来て、自由度がとても高いので、適切な使い方をすれば人生を有意義にすることが可能ですが、適切な使い方ができないと現実のストレス社会と同じようなことが起こることになります。ネットリテラシー能力が低い人というのは、これからの社会においては損をすることになります。場合によっては被害者になるだけでなく、何らかの加害者になることもありますので、注意して使うようにしてください。

ネットリテラシー能力が低い人の特徴は自分の意見を押しつけたがる人です。SNSなどを使えば簡単に自分の意見を発信することができます。自分の意見を発信して相手のことを考えないとなると、相手から拒否されることにもなります。自分の意見を押し付ける人というのは往々にして、プライドの高さが目について頑固なことが多いです。柔軟性がないので、こういう人が炎上させるということも良くあります。こういう人に対処をするのであれば、何よりも相手にしないというのが一番望ましいです。自分の居場所はどんどんなくなっていきます。

一般的には若い人に比べると高齢者のほうがネットリテラシーが低い傾向にあります。インターネットの社会では正しい情報とともに間違っている情報も玉石混淆です。いろいろな情報が混じっている中で、繰り返し見聞きする情報について正しいと思い込む人が高齢者に多いです。高齢者が老害にならない様に、しっかりと情報の真偽を確かめるということが欠かせません。

ストレス社会で現実的に自分の居場所が無いと言われる人は、往々にして自分の考えに固執し、頑固であるため、ネットリテラシーが低い傾向にあります。インターネットの社会しか見えていないことがあり、自分の欲望を満たすために意見を押しつけ、それを拒否されるとプライドが高いのか猛烈に反論してきます。こういう人は頭が固いので老害と揶揄されることもしばしばです。

インターネットの社会は自由度が高いのが特徴的ですが、ネットリテラシー能力が低い人がいることによって、情報が伝わりにくくなりますので、真偽を見極める目を持つことが重要です。