SNS上でのセクハラで警察は動く?

SNSで心無いセクハラ発言を受けたという人も中にはいます。被害者は百害あって一利なしというべきものですので、それを何とかして止めてもらいたいと思うのは当然のことです。芸能人に対して発せされる事だけでなく、一般人同士のやり取りであっても、セクハラに該当するケースは意外にあるので十分に注意するべきです。

刑事事件の立件はよっぽどの違法性が感じられる場合ですので、刑事事件という形で警察が動いてくれるという可能性は低いでしょう。いくらSNS上のやり取りにおいて不快な発言が続いていたとしても、実際に刑事罰に問うことになると、生活に多大な影響を与えます。そのため、警察は刑事事件としての立件に慎重にならざるを得ません。違法性なしとみなされ、実際に警察が動いてくれるということは期待できないのが現実です。

違法性を感じて警察が実際に動いて立件する場合で言えば、名誉毀損罪や侮辱罪に該当します。名誉棄損罪は事実を元にして社会的地位の低下が考えられるときの罪状で、侮辱罪は事実かどうかは問わずに社会的地位を貶める時の罪状です。刑事事件として動いた場合であっても、このような罪状にしか該当しませんので、実際のところは泣き寝入りをしている人が多いと考えられます。ネット社会における法整備がまだまだ追いついていないというのが実情です。

刑事事件として警察に動いてもらえる可能性はかなり低いですが、民事事件として慰謝料を請求することは十分に可能です。発言者が特定できるのであれば、慰謝料請求は十分可能ですので、まずは発言者を特定することが重要です。発言者を特定する場合には、IPアドレスの開示請求をすることによって行うことができます。ただ、個人で行うのは難しいので、弁護士に依頼することになります。

民事事件で慰謝料請求をするのであれば、具体的な証拠を揃えなければいけません。性的な言動であるのか、被害者の意に反して行われていたことなのか、などの証拠を揃える必要があります。結局どのような行為をされて、どういう被害を受けたのかという客観的な証拠を集めなければいけないのです。

実際セクハラの被害を受けて、そのための証拠も残っているのであれば、民事訴訟を起こすことになります。その時に気になるのは費用と時間ではないでしょうか。費用であれば弁護士への依頼料や証拠集めにかかった費用などが該当しますし、時間であれば訴訟に持って行くことになるので、1ヶ月から6ヶ月ぐらいはかかります。